Jコイン みずほフィナンシャルグループ

2018年1月9日

みずほフィナンシャルグループが2018年春頃から新しいデジタル通貨「Jコイン」の実証実験を特定の地域ではじめます。

1Jcoin=1円

レートは固定するそうです。

銀行が発行する通貨なので仕方ないかと思いますが、私の興味はどのように仮想通貨と連動させるかです。

連動しないなら銀行側の手数料の問題にしか思えないので、正直クレジットや電子マネーなどでいいかと思いますが…。

 

 

 

現金を使わない「キャッシュレス化」が目的みたいですが、仮想通貨との連動がなければ消費者に何処まで需要があるのか。

仮想通貨との連動がない場合、ユーザーはクレジットカードや電子マネーからJコインに決済手段を変えるメリットが薄いように思えます。

電子マネーやクレジット決済手数料が無料である日本でJコイン普及に向けみずほフィナンシャルグループがどのような展開をしていくのか楽しみです。

法定通貨ではないという点が仮想通貨の魅力のひとつです。

国や銀行が発行する通貨ではもちろん安心感はありますが、法定通貨としてデジタル通貨・仮想通貨を制定しない限り法定通貨の現金以上のメリットが感じられません。

法定通貨も銀行に預金していれば、もしくは電子マネーにデポジットしていればJコインと変わらない気がします。

引き続きみずほフィナンシャルグループに注目ですね

仮想通貨の爆発的な普及に世界各国の法整備が後手にまわっていますが、資産形成のひとつになっているのは間違いありません。

改めてブロックチェーンの技術のすごさに感心させられます。