仮想通貨がより身近になる?!

今日もまだまだ寒いです。

本当に家を出るのが嫌になります。

ブログを振り返ってみましたが、我ながらしっかり日々更新しています。

いつまで続くか…。

最近悪いニュースのみをメディアが大きく取り上げてる感があるので、世の中の流れはメディアがコントロールしていると改めて感じさせられます。

 

 

私も悪いニュースにばかり目がいっていたので、ちょっと個人的にいいニュースを2つ今日は紹介します。

①ビットフライヤーがアメリカに続き、EUで2018年01月23日から仮想通貨交換業を開始しています。

私も海外でのビジネスを展開していますが、一番大きな利点は日本ブランドです。

何と言っても、安心感という部分が違います。

ビットフライヤーのEU進出により、仮想通貨へ新規参入する企業・個人も増えてくると予想されます。

②インターネットイニシアティブが今月10日に設立した新会社に、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、それに、ビックカメラやヤマトホールディングスなど幅広い業種の有力企業が出資して、合わせて19社でデジタル通貨の事業に乗り出しすと発表

これは仮想通貨業界にとって素晴らしいニュースですね。

今年の10月から、発行主体のない仮想通貨や、銀行が開発を進める独自の通貨といったいわゆるデジタル通貨と日本円との交換を仲介する取引所を運営するそうですが、より仮想通貨が身近になりそうです。

現在は銀行が素早く送金などができる独自のデジタル通貨を開発するといった動きも出てきているのと、仮想通貨で決済できる店舗も増えていってますから、ますます盛り上がっていくでしょう。

 

BITCOIN

 

 

 

 

 

 

 

今回は2つほどピックアップして簡単に説明させてもらいましたが、いいニュースはまだまだあります。

業界的には投資や投機で関わってる方がまだまだ多いので相場が安定しないですが、しっかりとコンプライアンスが整っていけば相場も安定するでしょう。

このタイミングで仮想通貨の業界に関わっていく事は、自分自身の人生において大きなプラスになると確信しています。

現在39歳ですが、携帯やパソコンが爆発的に普及した時はまだ社会人ですらなかったですから。

この世界的な波に少しでものれるように日々頑張っていきます。