ルールを作ろう!

仮想通貨のICOの勢いが止まりません。

ウェブページを開けばICOの広告ページが目に飛び込んできます。

もちろん全てが詐欺ではないが詐欺の方が多いと思われます。

以前と比べて仮想通貨の技術は進んでいますが、プロジェクトが頓挫するケースは後を絶ちません。

最初から詐欺を計画してるケースと頓挫してしまうケース、どちらも投資家からすれば詐欺と判断してしまいます。

この問題はかなり難しい。

何故なら私も、去年と今年では仮想通貨への判断基準が変わっています。

自分自身の余裕資金で投資をする事が大前提であり、その投資先の仮想通貨を詳しく勉強する事が必須である事は間違いないでしょう。

現状、市場が比較的新しく誇大な話が蔓延し、またその根幹をなす技術が複雑です。

ファンドや実業をやっていると嘘をつくより、予定するICOの話をちらつかせる方が、投資家を簡単に騙せます。

必要なのはウェブサイトと、ホワイトペーパーのみだからです。

誰しも楽して稼ぎたいのも事実ですが、成功例をメディアが大きく取り上げ、「私も儲けたい!」と考えてしまう。

私も多くの仮想通貨で稼がれた方々とお会いし体験談を聞いています。

しかしながらコンプライアンスがまだまだしっかり整っていない仮想通貨の業界ではビジネスチャンスが転がっているのは事実です。

私の場合はルールを決める事にしています。

何故なら仮想通貨ではなくても、全てを調べる事は出来ないからです。

例えばですが、私の会社でもそうですが、私以上に全ての状況を把握している人は社員にもいないでしょう。

資本金・取引先・資産などある程度の事は調べる事が出来るかもしれませんが、その状況が予定通りなのかどうか、マイナスなのかプラスなのか、人脈は?アドバイザーはいるのかいないのか?など表面上で調べれる事は限られてきます。

国が変われば更に複雑になるでしょう。

仮想通貨では100%うまくいく話は存在しないと私は考えていますし、ビジネスも同じです。

自分の中でルールを作り、そのルールをクリアしてるケースのみ資金を注入するようにしています。

例えば10個ICOに投資して1個当たれば成功という考えもあると思いますが、主要コインですら月で考えれば何倍も相場は動いています。

ICOでならない理由は私にはありません。

リスクをどれだけとるかはご自身の判断になりますが、私の考えも頭の片隅に置いて頂けると幸いです。