大型のICO案件が発表されています。

前回の記事 ルールを作ろう! でICOの件に触れましたので、今回私のルールをクリアしたICOの紹介をさせて頂きます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000031572.html

上記URL内の記事にもありますが、株式会社ACDがクリプトスクエア株式会社(東京都港区 代表取締役 阿部興一郎)との提携を行い、同社の仮想通貨発行ソリューション REVOL を使い独自の通貨トークン発行や販売を15日からスタートします。

株式会社ACDのホームページを確認すると、
「ACD.Incは (株)ACDホールディングスとANAホールディングス(株)のJV企業です」
とハッキリ書いてあります。
※JV企業はジョイント・ベンチャー・共同企業体を指します。

実質ANAホールディングス(株)が仮想通貨業界に参入するようなものです。

 

 

更に株式会社ACDとクリプトスクエア株式会社、両社を中心にブロックチェーンビジネス協議会が発足され、主なメンバーとして以下のお歴々が発表されています。

佐藤 貴夫(弁護士・株式会社ACD代表取締役)
尾立 源幸(元財務大臣政務官・元参議院財政金融委員会委員長)
市川 眞一(クレディ・スイス証券チーフ・マーケット・ストラテジスト)
保成 久男(元大和證券株式会社常務取締役・現ジェイフロンティア株式会社 社外監査役)
園田 康博(元環境副大臣 ・ 内閣府副大臣)
村上 展章(友光・村上法律事務所 代表弁護士)
阿部 興一郎(クリプトスクエア株式会社代表取締役・元ゴールドマンサックス証券本社執行役員)

堂々たるメンバー構成です。

仮想通貨業界にとって、明るいニュースになります!

ICOの参加方法等に関しては詳細が判明次第、改めてブログ内でご紹介しますので暫くお待ちください。