資金調達の為だけのICO

時間が足りない!!っと思いながら日々を過ごしています。

時間だけが世の中で唯一平等だと思っていますので時間の使い方をもっと突き詰めないといけないと考えています。

ビットコインも100万を回復し落ち着いて来ました。更に回復を願いたいです。

 

 

さて今日は少しICOについて触れようと思います。

現在、仮想通貨業界はバブルです。この状況は長くは続きません。

将来1000,2000と仮想通貨が残ると思いますか?

私は思いません。法定通貨でさえ約200種類です。基軸通貨に絞れば12通貨しかありません。

ブロックチェーンの技術はとても素晴らしいですが決済だけの技術ではありません。しかし仮想通貨バブルでブロックチェーンイコール仮想通貨のイメージが浸透しています。

更に、コンプライアンスが整っていない事で資金調達の為だけに仮想通貨でのICOを仕掛けると会社が多くなっています。しっかりとした監査を入れているICOを探すほうが難しいです。

2018年度中にSBIホールディングスが500億規模のICOを実地するそうですが、このような既に様々なサービスを展開している会社がICOを仕掛けるのは理解・納得できます。

しかし今募集されているICOの大半以上が仮想通貨を活用したICOであり、資金調達の為だけに行われていると思われます。

仮想通貨の利便性等はとても魅力に溢れていますが、目先の利益優先の業者が増えていってるようでなりません。

どのICOの話もとても魅力的です。しかしながら一時的に価値がついたとしても最終的にはどうなると思いますか?

売り抜けた一部の人間が利益を得る事が出来るだけであり、そのプロジェクトが実現できるかどうかは二の次になっているICO案件がとても多いのが現実です。

どの業界でも同じだとは思いますが稼ぎ続ける事は大変です。

2017年と2018年では既に別業界だと勘違いさせられほど状況は変化しています。

お金は金額に関係なくとても大切です。自分や大切な人を守ってくれる武器にもなります。

せめて自分が投資する仮想通貨の勉強ぐらいはして下さい。