仮想通貨交換業者の廃業

仮想通貨交換業者の廃業が相次いでいます。

交換業者は改善命令を受けれずに撤退を決定しているケースが多い。セキュリティー費用のコスト増と運営による収益が見合わないそうだ。

これでは事業を継続する意味がない(仮想通貨交換業者)ことが大きいとみられている。

仮想通貨交換業者がシステム障害対策や顧客への補償方法などに関する自主規制を設ける動きが進めば、さらにコストは上がる事は安易に想像できます。

海外の取引所が日本進出を諦める理由は日本のみなし業者の理由と同じですね。

ユーザーとしては仮想通貨は資産ですから安心感はもちろんほしいですが…

そもそも税金を下げれば市場参加者も増加が見込め、下がった税金分でセキュリティ等に使用すれば解決する気がらしますが。

日本はオンショアですから…なかなか難しいとは思いますが、株やFXのようになればと願っています。