気づいたら貧乏…

dポイント会員向けに新しいWeb投資サービスをドコモが5月16日からスタートします。

デジタルの資産価値のひとつですね。

やはりドコモのような信頼性が高い企業が展開するサービスは安心感があります。

法定通貨と違い目に見えない仮想通貨やポイントは安心感が必要ですね。

仮想通貨も2016.2017年と違い、現在は発行元に信頼性を求められるようになってます。

信頼性の高い企業が仮想通貨の発行や、仮想通貨に関連したサービスを展開している業界になっている仮想通貨業界の今後の発展スピードはますます加速する事は間違いないだろう。

プロフィール に書かせて頂いてますが、現在は

アーリーマジョリティー(市場の34%)

慎重な人アーリアダプダーのレビューなどを見て購入を決めるが割と新しいモノ好きなタイプで構成される層

アーリーアダプダーの層が仮想通貨市場に参加していってる段階です。

しかしながら、昨年から急激に価値が上がった為、短期的な目線としてはマイナス市場であり、市場にはいつも不安がつきまとう状態であり伸び悩んでるような印象が出来ている事から昨年までのデータと比べると新規参入者が少ない。

しかし1年単位(1年も短期ですが…)でみれば確実に伸びています。

法定通貨と違う資産のサービスが年々増えてきています。

冒頭で述べさせて頂きました、ドコモのサービスもそのひとつです。

今後ますます資産の在り方は変化していく事は間違いない。

その資産として仮想通貨は既に仲間入りを果たしている事は言うまでもないでしょう。

しかも私のような世間で言う普通の経済力でも、普通のサラリーマンやOLの方、老若男女誰でも莫大な資金を得れる可能性があるのが仮想通貨市場です。

情報に価値がある時代です。その情報をどのように活かすかが重要です。

今、資産がない方は作るべきですし、資産がある方は資産を守る為にも仮想通貨や資産運用は活用すべきだと私は考えています。

安定を求めるには変化が必要です。

世界で法定通貨はとても重要な役割を果たしています。

しかし、法定通貨の新規発行がなくならない限り年々法定通貨の価値は下がり、今後も下がり続けてる事は予想出来る。

私は気づいたら貧乏は嫌です。足掻いてあがきまくって貧乏なら仕方ありません。自分に運と力がなかったと諦めがつきますし諦めるしかありません。

しかし、気づいたら貧乏は行動すら起こさず足掻きようもなく後悔だけが残ってしまいます。

仮想通貨市場に参加するタイミングでは、最良のタイミングだと考えいます。

結果論で話せばはやい方が良かったと言わざる得ないかもしれませんが、ビットコインが30000円の時期に私は仮想通貨の知識はありませんでした。

自分がチャンスだと認識出来る状態が最良のタイミングだと思います。

私が仮想通貨の知識を最低限得た状態で仮想通貨にチャンスがまだあると判断しました。

リスクを抱えてでもリターンを得る為に日々行動しています。

経済力は自分の大切なモノを守る武器になります。武器は強い方がいいですからね。